やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/07/27
個人事業税の延滞金の必要経費への算入可否

[相談]

 私は個人事業を営んでおり、毎年自分で確定申告を行っています。
 今月、昨年度の個人事業税の納税を失念していたことを県税事務所から届いた督促状により知り、急いで納付をしました。
 その納付額の内訳に、個人事業税の「延滞金」が含まれていたのですが、その延滞金は私の事業所得の金額の計算上、必要経費に算入できるのでしょうか。教えてください。


[回答]

 ご相談の延滞金は、必要経費には算入できません。


[解説]

1.個人事業税の概要

 個人事業税とは、個人事業者の行う事業(※1)に対して、その所得を課税標準(※2)として事務所又は事業所所在の都道府県において、その個人に課税すると定められている税金(地方税)です。

 個人事業税の納税義務者に該当する人は、その年の3月15日までに、その年の前年中の事業所得を都道府県に申告しなければならないと定められています。ただし、所得税の確定申告や住民税の申告をした人については、個人事業税の申告を別に行う必要はないこととされています。

※1 個人事業税における「事業」は、第一種事業、第二種事業、第三種事業の3つに区分されています。

  • 第一種事業…製造業、運送業、請負業、飲食店業など
  • 第二種事業…畜産業、水産業など
  • 第三種事業…医業、弁護士業、コンサルタント業、理容業、美容業など

※2 個人事業税の課税標準は、その年の前年中における個人事業の所得によるものと定められています。

2.個人事業税の延滞金

 個人事業税の納期は、原則として、8月と11月の年2回です。

 その納期限後に個人事業税を納付する場合においては、地方税法において、個人事業税の税額に、納期限の翌日から納付の日までの期間の日数に応じ、原則として、年14.6%の割合を乗じて計算した金額に相当する「延滞金」を加算して納付しなければならないと定められています。

3.個人事業税の延滞金の所得税法上の取扱い

 所得税法上、地方税法の規定による延滞金、過少申告加算金、不申告加算金及び重加算金の額は、その納税者の事業所得等の金額の計算上、必要経費に算入しないと定められています。

 今回のご相談の個人事業税の延滞金は、上記の「地方税法の規定による延滞金」に該当することから、ご相談者の事業所得の金額の計算上、必要経費には算入できないこととなります。

[参考]
所法45、地方税法72の2、72の49の11、72の51、72の53、72の55など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



未分割財産に係る所得税の確定申告を分割後に是正する必要があるのか?2021/07/20
電子帳簿保存制度の導入開始時期の検討2021/07/13
元従業員が源泉徴収票不交付の届出手続を行った場合の対応方法2021/07/06
新型コロナ関連/従業員への業務用マスクの配布費用の取扱い2021/06/29
団体信用生命保険の特約料の法人税法上の取扱い2021/06/22
暗号資産(仮想通貨)取引で生じた損失の取扱い2021/06/15
香典返しの購入費用と相続税2021/06/08
メール添付で受領した請求書等の2022年1月1日以後の取扱い2021/06/01
扶養親族が障害者である場合の、給与計算上の扶養親族等の数2021/05/25
固定資産税精算金がある場合の、空き家に係る3,000万円特別控除適用への留意点2021/05/18
青色事業専従者だけに掛けた定期保険の保険料の取扱い2021/05/11
特例措置により事前に休業等計画届を提出していない雇用調整助成金の収益計上時期2021/05/04
暗号資産(仮想通貨)同士の交換を行った場合の所得税の課税関係2021/04/27
相続税の障害者控除が適用できない場合とは2021/04/20
民間金融機関による実質無利子・無担保融資により受給した保証料補助に関する収益計上時期の取扱い2021/04/13
お問合わせ
井手雅康税理士事務所
長崎県諫早市東本町
1-18
TEL 0957-22-2422
FAX 0957-22-2423
メールでのお問合せ



相続sim
確定申告_side